COLUMN中古レコードを手放す時に役立つコラム

レコード買取も新時代に突入!ユーザーに寄り添った新サービスが話題

2018-10-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INDEX

新しい買取のカタチ?新サービスが話題

当サイトでは色々なレコード買取の情報を発信してますが、先日「レコード買取」でググっていたら気になる面白いサイトを発見しました。こちらのバイバイコレクションというサイトです。
最初見た時は「まあ普通の買取サイトかな?」と思って買取の説明を読んだんですがこれが非常に面白い買取(と言えるかどうか)の方法で、今までのレコード買取とは全然違うな、と印象を受けました。
サイトの説明分には色々と書いてありますが、簡単に説明いたしますと「あなたのレコードをレコードのプロである私たちがオークションで販売いたします」ということです。最初は「単なるオークション代行じゃん」と思ったんですが、よく考えてみると今までに存在しなかった本当の意味での「マトモな買取サービス」だという結論に達しました。
そもそも「マトモな買取サービス」とは何か?個人的には「売り手と買い手、お互いにとってフェアな値段での買取」これに尽きると思ってます。(1000円で買って2500円くらいで売るとか)しかし意外と、この「マトモな買取」というのが、いくら探しても存在してません。マトモな買取というのは「買取した後のレコードの売値」「どこで販売しているか?」この2つをレコード売った本人が、確認できることだと思ってるんですが、そこまでオープンにしているとこはgoogleで検索してもyahooで検索しても出てきません。500円で買う→1200円で売られている→何々という店/もしくはオークションなどで。これが、わかれば売った側も「ああ、自分で売ったレコードがちゃんとした価格で販売されているんだな、と確認できます(安心しますよね?)
しかし現状のレコード買取店のサイトを見る限り買取したレコードが、どこでいくらで売っているかは、誰にもわかりません(聞けば教えてはもらえるかもしれませんが)しかしこのBuyBuyCollectionという買取のサイトでは、そこの部分が非常に明確になっていて売り主は「レコードが売れた金額」「どこで売っているか?」この2つが、はっきりわかる仕組みになっています。

バイバイコレクションって?

ここで、この買取サービスの流れを説明すると
1.お客さんの売りたいレコードを相手(BuyBuyCollection)が預かる→2.相手がレコードを1番高く売れそうな方法でオークションに出品する→3.売れたら、お客さんにお金を払う(手数料は取られます)と非常にシンプルで、簡単明朗わかりやすいです。このわかりやすさも、このサイトの良いところの一つといえます。
この買取サービスの流れで、なにが画期的かと言うとお客から見て自分のレコードがヤフオクで、いくらで売れているか?が簡単に誰でもチェックできるということでしょう。【どの場所で(ヤフークション)、いくらで売ってるか?(落札価格)】実は、この部分がレコード屋の闇といいますか、もっともレコード屋さんが見せたくない部分なのでは、ないでしょうか?BuyBuyCollectionではホームページ上で売れたレコードの画像が上がってて「嘘はつかんぞ」という気骨に溢れたものとなっています。これは買取をお願いする我々にとっては、信頼できる部分です。
信頼というのは「仕組みをちゃんと見せる」ということなのでいくらレコード屋さんに「いまなら20%アップ!」とか書かれても「20%買取の基準がさっぱりわからないし」とか思っちゃいますし「高額買取!」と言われても高額の価値観は人それぞれだし・・・とか「ビートルズのなんちゃらってレコードは買取10万円」と言われても「そもそも売値は100万くらいするんじゃないの?」と疑心暗鬼は消えませんし「信頼」より「がっかり感」のほうが強いことが経験上多いです。
結局モヤモヤした感情のみが残ってしまうことになりますし、レコードを買取してもらった後は、そのレコードがどうやって売られていくかは、我々には、わからないのです。
ところが、前述したように、このサービスでは【どの場所で、いくらで売ってるか?】かが簡単にわかるので疑心暗鬼なる必要はありません。
しかも、このサイトの仕組みの場合は高く売れば売れるだけ「お客」も「レコード屋」も得する仕組みになっているのでレコード屋さんも高く売るために必死に頑張ってくれるはずです。
(安く売れたら損するのレコード屋さんだしwww)
こういうサービスって情報がどんどんオープンになってきている時代ならではの買取サービスな気がしますし従来のレコード買取が、すごく時代遅れに見えてきます。
この新しいレコード買取サービスが、どこまで普及するかは(儲からないから)わかりませんが個人的には、こういう「ズルくない」サービスがどんどん普及すれば良いのになーと思っています。

新サービスのメリットってあるの?

最後に、この新しいレコード買取サービスBuyBuyCollectionの使ってみたメリット、デメリットの感想です。

メリット
●レコードの落札価格がわかる(希望価格を聞かれましたが値段設定はお任せにしました)
●普通にレコード店に買取に出すより買取価格が高い
●メールで依頼して来てもらったので手間がかからない(東京で依頼しました)
●預けるさいに、しっかり説明してもらえる
デメリット
●いくらで売れるか気になって夜寝れない
●お金が銀行に入金されるまでタイムラグがある(今回は落札後1週間かかりましたオークションなので落札されても落札者の都合で振込が遅い場合があるらしい)
●レコードの枚数と種類によっては受付してくれない(基準があるようです)

まとめ

以上 レコード買取も新時代に突入!買取ユーザーに寄り添った新サービスが話題でした。
今回紹介したバイバイコレクションのホームページがこちら!新しいレコード買取のカタチを試されてみてはいかがでしょうか。

バイバイコレクション/BuyBuyCollection
東京都世田谷区
03-5787-5528
https://buybuycollection.com/

BACK TO ARCHIVE

COLUMN中古レコードを手放す時に役立つコラム

  • 2018-10-25中古レコード買取専門店 東京都で無料宅配買取サービス店【みんなが選んだ評判の3店舗】READ MORE
  • 2018-10-25レコード買取も新時代に突入!ユーザーに寄り添った新サービスが話題READ MORE
  • 2018-10-24【検証】全国でレコード買取が高額な地域はどこ?東京大阪横浜で比較!READ MORE
  • 2018-10-24同じタイトルのレコードでも買取価格が違う?READ MORE
  • 2018-10-24厳選8店舗 関西地区レコード買取店オススメ情報&オススメ方法READ MORE
VIEW COLUMN